フリーローンの審査が甘いってホント?|地域情報あり

フリーローンとは?カードローンとの違いについて

chigai

フリーローンとは使い道が自由という意味でですが、手軽に申し込めるローンと言う点ではカードローンとよく似ていますが、カードローンとフリーローンとはかなり違ったものになっています。

一番違うのは、カードローンは決まった返済期日がないローンで、月々の返済も残高に対して決まる最小返済金額あるだけであるのに対して、フリーローンとは通常、借入金額を元金均等が返済額均等のどちらかで計画的に返済するようになっているのが大きく違います。

生活費やレジャー費などの支出に使うのなら、余裕があれば大きく返済できるカードローンの方が便利ではないかと思いますが、リフォームやまとまった買い物などに利用するのなら、返済も均一になるフリーローンの方計画的で無理のない返済になるのでおすすめです。

つまりフリーローンとはカードローンに比べるとより大きな借り入れで、計画的な支出に向いていると言えるでしょう。またフリーローンはいわゆる総量規制に入りません

この為に年収の3分の一以上の借入も可能ですし、返済金利も一般的に低く設定されていることが多くなっています。ただカードローンのように使い道を明らかにしないままでの申し込みはできません。

つまり漠然と生活費に使いたいというような形では審査が通りにくいですし、返済計画も必要です。しかし一般的に大きな借り入れをする場合には特に問題ないでしょうから、まずフリーローンを先に検討するほうが良いでしょう。

銀行のフリーローンの審査は甘い?厳しい?

銀行のフリーローンの審査は、内容によって異なります。中には甘い審査のモノもありますので、銀行のサービスによって見極めることが大切です。

例えば、銀行のフリーローンの中には、無担保でお金を貸してくれるローンと、有担保でのみお金を貸してくれるローンがあります。無担保の場合は融資の金額小さくなる側面がある一方で、有担保の方は金額が大きくなる側面があります。

フリーローンの中でも、特に審査が甘いのは無担保の方なので、審査の甘い方を選択したい場合にはこちらを選ぶことが賢明です。

無担保の場合は、金融機関側が消費者を信用してお金を貸すことになりますので、万が一お金を返済できなかったとしても、担保によって金銭の代替としなくても良いメリットがあります。

ただ、無担保である場合には、どうしても金銭の返済が無かった場合の事態を想定しなくてはならないので、審査は甘いものの融資の金額には上限を設定せざるを得ません。ですから、フリーローンでも有担保の方が審査は厳しいです。

有担保の場合は、お金を借りる際に相当の対価となる担保を預けておくことによって、個人であっても数千万円というお金を借りることもできるようになります。担保に関しては、金額と釣り合うものでなくてはならないので、一般的には不動産などのわかりやすい資産価値が存在するものが好ましいです。

フリーローンは、金額と担保によって審査の状況が異なるので、この点を理解しておくとわかりやすいです。

フリーローンはいくらまで借りることが可能?

569892

フリーローンでいくらまで借りることができるかという金額は、融資を行なう会社によって異なりフリーローンと一言でいっても消費者金融と銀行の2種類に大きく分類ですることができます。

消費者金融はフリーローンの代表的ともいえる業者でいくらまで借りることができるかということは、各業者によって異なりますが使用目的が自由なフリーローンの場合は、総量規制の規定が適用されるためいくらまでという金額の目安は、年収の3分の1が目安と言われています。

この金額は1箇所の消費者金融から借りることできる金額ではなく、消費者金融業者全体から借りることができる金額を指しています。そのため年収が300万であれば消費者金融全体から100万円を借りることができるということになるため、既に別の業者から50万借りている場合借りることができる金額は50万円となります。

一方銀行でフリーローンを利用する場合は総量規制の規定は適用されないため、法律上は年収の3分の1を超えての借り入れも可能になります。実際にいくらまで借りることができるかという金額は、融資を申し込んだ方の状況により異なると言われています。

融資を申し込む銀行の口座を持っていなかったり、取引自体が初めての場合は信用問題から他社からの借り入れがなかったとしてもそれほど多くの金額を借りることが難しいと言われています。

万が一、借りることができたとしても年収の3分の1以上の金額は返済が困難になる可能性が高いため、返済計画をきちんと立てることが大切です。